自動車保険とは何か?

自動車保険には自賠責保険と任意保険の2種類があります。
それぞれどんな保険なのか?
必ず加入する必要があるのか?
どこまでカバー(補償対象)してくれるのか?
等々、自動車保険の基本を説明します。


自動車保険とは

一口で自動車保険といっても、自動車保険には自賠責保険と任意保険の2種類があります。
法律によって以下ならず加入することが義務づけられているのは「自賠責保険」です。
一方の任意保険とは、その名の通り個人の意志で任意に加入する保険になっています。
こちらは絶対に加入しなければいけないということはなく、無加入でも道路を運転することは可能です。

しかし、いくら運転が可能だからといっても大きな事故を起こしてしまうと自賠責保険だけでは、賠償金の額に対応できないことが多々あります。対応できない場合は全て事故を起こした人が支払わなくてはいけません。一度このような事故を起こすと一生かかって支払いを続けていくことになります。

また、相手の自動車を壊してしまったなどの時はすべて自己負担になってしまいます。
これはそもそも自賠責保険では相手(人)に対する保証部分が保険の対象になっているためで、
自分の自動車の修理費用、自身のケガ、ガードレールなどの修理費用は自賠責保険では補償対象になっていないからです。

しかし、一般に事故を起こした際は相手の対人補償だけではなく、ものに対する補償や、
自身のケガの治療費などもかかってきます。
そのため、いくら任意の保険といっても、必ず入っておく方がよいと思われます。

ただ、逆にいいますと、どんな保険に加入するかも各個人の自由なので、自動車保険を安くするというのはこの「任意保険」を以下に上手に選ぶかということになります。どの保険をどんな風に自分に合うように選べるかによって保険額は全く変わってきます。
自分に必要な部分が手厚い自動車保険を選ぶ必要があります。